FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいこと三昧な2月でした。

こんばんは、Kuppeです。なんと今年初のブログです。
ブログを2つに分けたいなと思っているのですが、更新できるか謎ですね。
2月は、びっくりするぐらい新しいことを沢山はじめました!!!
2016年、周りでも新しいことをはじめる人が増えているように思います。
昨年は、これまで行ってきたを継続、集大成といった感じでした。フリーランス2年目で安定感も出たように思います。
2月は、はじめて行うことがタイトにひしめきあっていました。走っている時というのは、色んなことのタイミングが合いスムーズに流れていくものだなと感じました。
具体的にはじめたこと


1. エアリアルヨガ



SUPヨガを行っている明石のKukahiさんで行うことにしました。
昨年、ママヨガに使わせてもらっていた場所で、そこからの青い海の眺めと波の音があまりにも心地よく、ここでハンモックに揺られたら最高だろうな!!と思い、年末から準備をはじめ、いよいよ3月からスタートします。
2月に入ってすぐ、節分明けに購入したハンモックの取り付けを行ったのですが、1本目を取り付けた瞬間、思わず叫んでしまいました。
すごっ!すごっ!!やっぱめちゃいいー!最高!!!!
5本準備してたので、悪戦苦闘しながら(布を特別な方法で結ぶのですが、長さがバラバラになったりしてコツを掴むまでなんどもやり直しました。)周りの人を巻き込みながら、全て取り付けた瞬間、
はぁ、やったなー。ふふふふ。
ちょっと壊れかけました(笑)想像以上に素晴らしいじゃないですか!!水色に統一したのが、この部屋の雰囲気に合ってる!トレーニングやらなんやらで夏以来の極貧生活(8月の東北ボランティアに行く直前、通帳残高3桁を弾き出しました…!!)になりかけましたが、これなら回復できそうです♪
2月中に数回のデモクラスを重ね、皆さんの声を抽出し、安全面もきっちり確認し、無事開催決定です。
私が以前載せていたブランコの動画が好評で、皆さんにもブランコ体験もしてもらいました♪良い大人なんですけど、童心に帰ったようにはじゃいで楽しんでいただけたようです!!
そして、なんといってもシャバアサナ。本物の波の音を聞きながら布にすっぽり包まれる感覚、味わったことのない極上体験になりますよ♪
詳細、スケジュールはホームページに載せていますのでそちらからご確認ください。
2. 個人向けのヨガインストラクター養成講座

なんと依頼を受けて、3週間でスタートしました。
これには、適正な時期というか、前もった布石があったんです。。。
まず、年末に沢山お話をしたヨガの先生が養成講座をしていて、その裏側というか、どういう経緯ですることになったか、ということを詳しく聞いてました。
実家に帰った時に、いつも色々相談に乗ってもらっている父から、これまでやってきたことを文書にしてまとめておくといいよと言われました。
そして、定期的にお世話になっている占い師さんに2016年の仕事について伺ったら、養成講座のようなことをしますねと言われてました!!!その時は、いつかできればいいかな、程度の軽い気持ちでしたが、実際そのお話を頂いてゾクッとしましたよ!
ヨガの世界では、インストラクターの養成講座は主にヨガスタジオが開催し、決まったスケジュールで受講します。国家資格とかではないので、民間の資格になりますが、全米ヨガアライアンスという協会の認定を持っているとヨガスタジオ等でクラスを持ちたい場合は、あると多少有利になります。最近は全米ヨガアライアンスも国内で取得しやすくなっています。私が取得(申請はしてませんが。。。)した当時は、国内で開催しているところはほとんどなく、タイミングよく素晴らしい先生が来日した際に受けることが出来たのですが、仕事を辞めても良いという強い意志で挑みました。(結果的に辞めなくて良い状況になりました。その後、職を変え、インドとネパールに1ヶ月行った時もタイミング良く仕事を辞めなくて行くことが出来ました。)これらの新しいことに挑戦する時は、いつも見えない存在に背中を押してもらっている感覚になります。
今回、養成講座をすることになったのも、そろそろやってみたら?と見えない存在が課題を出してくれたように思います。
やると決めたら、不思議なもので、どんどん内側からアイデアが溢れてきました。準備不足かなと思いましたが、数年かけて、様々なヨガやそれ以外のトレーニングを受け、沢山のレッスンをこなしてきたことが、その準備になっていたんだと思いました。むしろ、これを行うための準備だったのかとさえ思えてしまします。ヨガを教え始める時も、それまでの大変だった出来事も含め、全てがヨガを教えるための準備だったと感じたことを思い出しました。
3. レイキのアチューメント

これも3年半前にマスターの資格を取って、機会がなく(やってほしいと言われることはありましたが具体的に動けていませんでした。)そのままになっていたところ、お声がかかり今回初開催することになりました。その直前にも別の方から言われていて、また先生のところに行ってから準備が必要だから~と先延ばしにしてました。しかし、今回声をかけてくれた方が海外に行ってしまうということで、期限付きだったということもあり、急いで先生のところにどうにか時間を作って出向き、これも1,2週間ほどで開催することになりました。
先生が歴史や理論を深く教えてくれるので、とても勉強になります。先生は高齢なので(実際ピンピンされていて、受講者の誰よりもお元気でした~!)お会いできる間は、なんどでも出向き、その教えをしっかり吸収しておきたいと思いました。
これら3つに共通することは、今までとは全く違う視点で、違う立場に置かれるということです。
私たちは、同じ時代に生きていますが、年齢や立場、思考によって全く違う世界を見ています。
これまでの安定した場所から、その未知の場所に入り込む時、見えない嵐のような壁が立ちはだかり、強風が吹き荒れ、視界を曇らせ、出口の見えない迷路に迷い込んだような気分になります。
少し前まで、私はその嵐の中でもがき苦しみ、久しぶりに強いストレスを感じました。
ヨガの先生になってからは、多少のことでは動じなくなっていましたが、未知への挑戦は、これまでと変わりたくない、安定でありたいという不安な心がぐいぐいと足を引っ張るのです。
そして、それは自分の弱いところから症状として現れます。しかし、そこで歩みを止めてしまっては何の意味もありません。その心をあやしながら、時には叱咤激励しながら、ゴールへ向けて邁進していきます。
そして、その嵐を抜けた先には、もう何も足を引っ張ることのない、自由な世界が広がっています。
荒れ狂う心という嵐を乗り越えるためには、日々のコツコツとした習慣がとても有効であるということに改めて思い知らされた2月でした。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。