FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビーチヨガレポート【20140721】二部 親子ヨガ

そして昼からは親子ヨガ!このビーチヨガで初の開催でした!!
しかし~、気温が上がる上がる!!暑い暑い!!!
そして海水浴客が増え、涼しい木の下が確保できず焦る焦る!!!
どうにか人が少なくて広い場所を確保したものの、暑いということでご予約頂いていてもキャンセル続出…。
それでも集まってくれた方々、暑い中ありがとうございました♪

この親子ヨガ、実は私の夢でした!!!
昨年の夏、明石の保養キャンプに来ていた福島の子供達とヨガをして、キッズのティチャートレーニングを受けたいと思い秋に取得しました。そのトレーニング選んだ理由は、主催者の方が福島の子供たちをキッズヨガで笑顔したいという思いで指導者育成を積極的に行なっているからでした。わくわくキッズヨガ

大人向けのヨガと子供向けの大きな違いは、遊び心かなと思います。
子供達に興味を持ってもらいながら、ヨガの種を蒔いていく。
難しいことは置いておいて、まずヨガに慣れ親しんでもらって好きになってもらいたいです。遊びの中から、ヨガの考え方や周りとのコミュニケーション力、体との向き合い方、呼吸法などを育めたらと思います。

トレーニングを受けて感じたのが、大人が結構楽しめるということ。本気で騒いではしゃぐのが何とも言えない開放感なのです。なので、親御さん達もぜひ童心に戻って楽しんでもらいたいと思いました。

ビーチヨガではいつも子供達も大勢参加してくれていますが、親子ヨガを教えるのはトレーニング以来、初めて。みんなどんな反応を示してくれるか全く未知でドキドキでした~!でもヨガインストラクター友達も来てくれたのでとっても心強かったです。

そしていよいよスタート!
今回のテーマは『海のいきもの
やはり、ビーチヨガですから、それに関連してと思いまして。
若干アドリブも入れながら、物語仕立てに進めてみましたー。

以下、写真と共にお楽しみ下さい♪

【序章】
海の向こうに見える淡路島
その地下に海底トンネルがあって、そこを潜ると…とっても素敵な無人島があるのです。
そこに皆で向かうことにしました。
しかし、一つだけ問題が。海底トンネルの入り口付近には、なんと!人食いザメがいるのです!!
でも大丈夫!サメに出会った時は、撃退する方法があるんです!それを皆の力を合わせて実践すれば、サメを倒すことが出来るのです!!

こんな感じで、えいや!と断ち切ります!!(何気にこの後のスイカ割りの練習にもなりました♪)

【ウォームアップ】
まずは、海底トンネルへ向かうため、船に乗り込みました。海には沢山の生き物がいます。
ということで、海の生き物をイメージしたヨガのポーズ。



こう見ると何のポーズか全く分かりませんねぇ…。

真ん中のブルーシート(海)に移動して、みんなで円になって海の歌を歌ったり、波を作ったり、なべなべ底抜けしたり♪




たのしー♪

【イベント発生】
そんなこんなで海底トンネルの入り口に到着!
チャーラン、チャーラン、チャーラチャーラチャーラ…!!!
あ!岩の隙間から鋭い目が!人食いザメが現れた~!!!(私がサメ)

皆で例の撃退法!!炸裂!!!
あっけなくサメは倒されたのでした~。

ゔぐぐ…、ぐはぁ…。倒

【海底トンネル】
そして、海底トンネルへ。
ここはお母さん達に協力してもらい、トンネルを作りました。
その中を子供達がほふく前進で進む~。進む~。進む~。
あれ、一回だけじゃなくて何回も?お母さん達ちょっと限界です…汗




【ペアワーク】
トンネルを抜けて無事に無人島に到着。一息ついたらペアワークです。




これはティータイムでティーポットさん。可愛い♪

【シャバアサナ】
帰りは飛行機に乗ってひとっ飛び、お家に着いたらお休みタイムです。
暑かった気持ち良さそうです~♪



午前中にやったスイカ割り。なんともう一個あったので、ここでも急遽スイカ割りを開催!!
みんな嬉しそうに並んでくれました。テンションさらに上がります!!





なかなか割れないー!

割れた~!!

とっても暑かったので、冷えたスイカが極上に美味しかったです♪

皆さん暑い中、ご参加頂き本当にありがとうございました。
個人的には、親子ヨガ、キッズヨガ、大好きです!!
やって良かったです。みんなで協力して一つのことに取り組む楽しさがたまりません!!今後も色んな所で開催したいです♪

次回の親子ヨガは、9/23(火祝)10:00-11:00@アジュール舞子
乞うご期待!!

スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。