FC2ブログ

インド滞在記 3

インド滞在記 2からご覧ください。


初めてのアーユルヴェーダのフルコース、風邪と移動で疲れた体には極上のひと時でした。

アビヤンガー 全身のオイルマッサージ
シロダーラ おでこに温かいオイルを垂らす
スチームバス 熱い蒸気が出る木の箱に頭を出して座る

体の隅から隅までオイルまみれになりましたが、内側から老廃物が排出される感じでした。

ホテルからアーユルヴェーダのお店までは送ってもらったのですが、帰りは一人。
ここは、メインバザールと呼ばれる大通り。
人、バイク、動物、物乞い、砂埃を巻き上げながら様々なものが行き交うカオスゾーンです。
再び危機が訪れました。
クラクションを鳴らされたり、ジャパニーズと声をかけられながら無表情でホテルを目指して突き進みます。

しかし方向音痴な私。
案の定、道に迷ってしましました。
さらなる大通りにでると、さらに大きな動物、車が行き交います。
やばいな、、、と思いましたが、もうこれは来た道を戻るしかありません。
再びカオスゾーンをすり抜けて記憶を頼りになんとか正しい曲がり道を見つけてホテルに戻ることが出来ました。

油まみれの私を見て、チェックアウトしたにもかかわらず、シャワーを使わせてくれました。やはり親切です。
目的地のダラムサラまでは12時間のバス移動。そのバスターミナルまで再びアムリッシュに送迎をお願いしました。

彼の隣には友達も座っていました。インド人はいつも電話をしていて、友達と車やバイクで移動する場面をよく見かけます。
日本語の勉強をしているということで、ヒンズー語と日本語を教えあいながら和やかに向かっていたらここでトラブル発生。

友達にチケットは?と聞かれ、そういえば受け取っていないことに気づきました。
もうバスターミナルまで近づいており、通りは大変渋滞していました。私がシャワーを浴びていたこともあり、戻る時間はありまん。もちろんチケットがないとバスには乗れません。

ここでインド人の素晴らしいネットワーク力を見せつけられることになりました。


つづく
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment