FC2ブログ

クンダリーニヨガを体験してきました!

20日、いつもレッスンをさせて頂いている江坂のヨガスタジオwithにて、クンダリーニヨガのワークショップに参加してきました。

講師は、なんと桐島ノエルさん!
今は、ほぼカナダに拠点をおいている彼女。ここのオーナーさんとお知り合いということで、来阪時の貴重なお時間を頂きレッスンしていただけることになりました。

スタジオ内に入ると、真っ白なヨガウエアを身にまとったノエルさんと、大きなドラムが。このドラム、わざわざカナダから送ってくれました。
すみません、嬉しくって勝手に担いでしまいました…。本来は、神聖なものです。


初めてお会いしたノエルさん、その直前に偶然彼女の書籍を手にとっていました。スタイルが良く綺麗な女性というのが印象でした。
実際お会いすると、とにかくエネルギッシュ!その素敵なオーラに圧倒されちゃいました。

クンダリーニヨガは、気づきのヨガと呼ばれ、ポーズ、呼吸法、マントラを組合せ、瞑想的にヨガを行います。

ここでの呼吸法は、火の呼吸と呼ばれるパワフルな呼吸が用いられます。1分間に60~180回の腹式呼吸を行い、短時間で、二酸化炭素と酸素を入れ替えます。そうすることで血管などに溜まってた毒素を排出し、浄化されます。

背骨は、歳を重ねるごとに硬くなるそうで、背骨使う動きが多いのも特徴的です。火の呼吸を行いながら、ポーズをキープしたり、同じ動きを繰り返すと、自分がどこが弱いのか良く見えてきます。

マントラを唱えながら、呼吸と動きを繰り返すと、なんともいえない幸せな感情に包まれました。
普段、いかに頭の中が思考で占拠されているか気づかされました。

そして、例のドラ!
シャバアサナのように寝転んだ状態で、先生が叩き始めました。
ドラの音って、中国映画に出てくるジャーン!イメージだったのですが、それとは全く違って広がりのある深い音色でした。色んな音域が混じり合いながら室内全体に広がり、身体の中の細胞一つ一つが振動しているのを感じました。言葉で表現するのは難しいですが今まで体験したことのない素晴らしい音色でした。

実は、このクンダリーニヨガ、日本ではまだあまり普及されていないのですが、生駒山にクンダリーニヨガセンターがあります。
今回駆けつけて下さったカルサ先生が教えてくれます。
少しお話を聞いただけですが、穏やかな雰囲気の素敵な先生でした。
ご興味のある方はぜひ訪れてみてくださいね♪
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment