FC2ブログ

クリパルWSを受けて



月曜にクリパルのWSを受けてきました。いつもお世話になっているスタジオグリーンでのWS、知った顔もチラホラ、おかげでとってもリラックスして受けることが出来ました♪

クリパルは、一度受けてみたいと思っていたヨガの一つ。去年東京に行った時に体験してきました。当時は渋谷にあったスタジオ。(今は下北沢に移転)都会の喧騒の中、オアシスのような別空間でした。その日はムーンデイだったこともあり、皆のエネルギーに満ちた自由で優しいレッスンでした。

そして今回は日本のクリパルヨガの第一人者であるトシ先生。初めてお会いしたのですが、写真のイメージ通りに、知的で穏やかな方でした。でも時々おちゃめな部分もポロポロと、肩の力が抜けた和やかムードに皆癒されていました。鍼灸師ということもあり、解剖学も熟知されています。しかし、それを前面に出すのではなく、簡単なポーズをいくつかとるだけで、沢山の気づきがありました。とっても贅沢な気分になりましたよ♪


『意図を持つこと』


このことの重要さを体験を通して教えてもらいました。
始めに先生が何の意図も持たずに生徒に指示を出す、次に意図を持って指示を出すという2パターンを行いました。すると、返ってきたフィードバックが全く違うものになっていました。

前者は、先生が迷っている、生徒はどうするのか分からず不安になる。

後者は、先生に自信がある、生徒は安心してついていける。

これはヨガだけじゃなくて全てにおいて言えそうです。

同じことをやっても意識が違えば結果が変ってくる。
以前何かで読んだことがあります。

3人の大工さんがいて、レンガを積み上げていたので何をやっているのですか?と聞きました。

一人目は、
「レンガを積み上げているんだ!見れば分かるじゃないか?」

二人目は、
「学校を作っているんだよ」

三人目は、
「子供たちの夢を作っているんだよ。」


10年後、
一人目はそのまま大工に、
二人目は、棟梁に
三人目は、建設会社の社長さんになりました。

意図、大事ですね~~☆


あと、クリパルWSからもう一つ。


『チッタとプラーナ』

ともにサンスクリット語で

・チッタ=心
・プラーナ=生命エネルギー

これが一般的な意味合いですが、ここでは、

・チッタ=規則が大好き、決めてないと不安、未知は嫌い、自分で結論づける、男性的

・プラーナ=自由が大好き、今が大切、未知大歓迎、人に頼っても構わない、女性的

という意味合いで扱います。

人間誰しもこの2つを持っていて、環境によってどちらかが優位になります。極端に偏るのではなく、適度なバランスが大切です。
子供の頃は、プラーナが優位ですが、大人になるにつれチッタが多くなってしまいますね。
ヨガの練習もしくは趣味によって、その偏りを中庸に近づけることが出来そうです。
またこれを意識するだけでも、ご自身をもっと知ることが出来そうですね。

日常生活の中で、今どちらの練習をしているのか、辛くても、今チッタプラクティスをしているんだと分かれば、前向きに人生を捉えることが出来る。


Yoga of Life


まさに生活のヨガでした(*^_^*)

スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment