FC2ブログ

クリパルティーチングメソッド・・・『ティーチング編』WS

5月16日(月)クリパルの第一人者トシさんの指導者向けWSが開催されます♪直近ですが、もしご興味がありそうな方がいらっしゃればお伝え下さいね。 



クリパルヨガの日本の第一人者、三浦徒志郎先生による、ヨガ指導者向けのワークショップです。 
クリパルヨガの指導法エッセンスを学ぶWSですが、どんなスタイルのヨガ指導にも活かすことのできる内容となっています。 
今後、スタジオグリーンにてシリーズ物のワークショップとして開催していく予定ですが、 
単独で受講されても問題ありません。 

集中コース 「クリパル・ティーチング・メソッド」 
クリパルヨガの最も大きな特徴は、その指導法にあるといっても過言ではないでしょう。 
そのクリパルヨガの指導エッセンスを、基本的なクラス・デザインや指導法などを取り上げながら紹介していきます。 
生徒一人一人の個性を尊重した視点から、生徒自身の気づきによって学びを深めていく、そのために教師にできることは、生徒が安心して自分自身を探求できる空間を提供することです。 
生徒と「共にいる」とか「寄り添う」という姿勢は、まさにクリパルヨガが大切にしている「慈悲」と「理解」の心のあり方を表現しています。 
※集中コース「ティーチング・メソッド」は、以下の合計30時間のプログラムとなっております。 
・ティーチング編 (6時間) 
・教師編 (6時間) 
・メソッド編 (6時間) 
・クラスデザイン編 (6時間) 
・コミュニケーション編 (4時間) 
・倫理編 (2時間) 
今回のワークショップは『ティーチング編』になります。 

「ティーチング編」(6時間) 
【主な内容】 
ヨガを指導するには、ヨガに対する理解と体験が必要ですが、指導することの意味や意図が大切です。 
機械的なインストラクションで面白さがかけてしまっていないか? 
多くの場合、クラスや生徒をきちんと観察できていないからです。 
ヨガ指導で何を伝えたいのか?どうしたいのかという意図を明確にする必要があります。 
・ヨガで伝えられるもの、教師として伝えたいこと 
・チッタとプラーナから見たヨガの分類 
・クリパルヨガの特徴とメッセージ 
・教えることと体験に基づいた指導 
・技術的指導と知的学習 
・その他 



【講師】 
三浦徒志郎 Toshiro Miura 

米国留学中にスワミ・クリパル師に出会い、帰国後、’81年より鍼灸治療の傍らヨガ指導を始める。 
'91年、クリパルヨガの創始者、アムレット・デサイ師来日の際にスタッフ、 
及び、通訳を務めたことが転機となり公認クリパル教師となる。 
その後、気づきのプロセスを重視したフェニックス・ライジング・ヨガセラピーの要素を取り入れ、 
参加者の体験から学びを導き出すメソッドを生かして集中コースを指導。 
あくまでもヨガは人生に活かす為の手段という現実的な視点から、自分自身の生き方を 
見つめるヨガとして分かり易い指導をしている。 
現在、 
・クリパルヨガ教師トレーニング・ディレクター 
・フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認プラクティショナー 
・鍼灸師 

【日時】5月16日(月) 10:00~17:30 
【場所】スタジオグリーン 
【料金】12,600円  ☆早期割引12,000円(4月末まで) 
【定員】16名 
【対象】ヨガ指導者 
【持参】動きやすい服装・タオル・マット ※レンタルマットは200円です。 

【お申込み方法】  
スタジオグリーンホームページよりお申し込み下さい。 
http://<wbr>www.st-<wbr>green.c<wbr>om/

スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment