FC2ブログ

archive: 2013年05月  1/1

# スケジュール【6月】

No image

<ご予約、お問い合わせ>ku.salon9350@gmail.com■ビーチヨガ詳細はこちら■SUPヨガkukahi Facebook page明石にあるサーフショップkukahiさんで、6/1,15(土)10:00~SUPヨガのレッスンを開催予定です。~SUPヨガとは?~SUP=スタンドアップパドル、大変浮力のあるボードの上に乗って行うヨガです。地上で行うヨガよりも体幹が鍛えられます。穏やかな海の上でボードも安定感がありますので、初心者の方でもご興味があればご参加いた...

  •  0
  •  0

もうすぐビーチヨガ開催します!!

2013年 アジュール舞子 ビーチヨガおかげさまで今年で4年目を迎えるビーチヨガ。いよいよ、6月8日から開催しますよ~♪今年は6月~10月までの第二土曜に行います。なんと参加無料です!男女、年齢問わずどなたでもご参加いただけます!ヨガがはじめての方も、リピーターさんも、大自然の中でヨガを楽しみたいっ!というお気持ちだけをお持ち下さい☆彡この夏、お会い出来るのを楽しみにしています(*^^*)以下、詳細を記載します。お申...

  •  0
  •  0

インド滞在記 ~エピローグ~

デリーに戻った最終日早朝、初日に泊まったホテルと同じホテルで目を覚ましました。ここで、アグラー日帰りでタージマハルに行こうかとも考えましたが、昨日見たニューデリーのインド人チケット売り場が壮絶であったこと、観光地の客引きを相手にするのも面倒だと思い、デリー周辺を一人で気ままに見ることにしました。歩いていて、人通りの多いところでは、何人ものオートリキシャが乗れ乗れと押し寄せてきます。しばらく歩いてい...

  •  0
  •  0

ネパール滞在記 ~野生の王国チトワン~

カトマンズから世界遺産に登録されているチトワン国立公園へ向かいました。ここで出会ったケイトとペティ。ホテルやアクティビティが同じだったので、一人でいた私を気遣い、ずっと一緒にいてくれました。ケイトと♡現地の売り子さんから楽器を買い、楽しそうに演奏するペティ。大先輩二人は、南アフリカから来た姉妹。いつも笑顔で、周りの人に話しかけ場を明るくします。思ったことは正直に声に出すタイプで、ビューティフル!エ...

  •  0
  •  0

フォトライブラリー カンマンズ編

ブログの更新が遅れていますが、ただいまネパールのカトマンズに来ています。ここでは本当の一人旅です。色々ありました(^^;;とはいえ、昨日ずっと電源が入らなかったiPhoneのバッテリー交換が出来て、魔法の機械を手に入れたので(iPhoneが使えることに感動しっぱなしです♪)快適に過ごせています。本当は、リトリートの後に同じくダラムサラで10日間、ヴィパッサナー瞑想センターに篭るつもりでしたが、出発前に上手く手続きが出...

  •  0
  •  0

インド滞在記 6

No image

ヨガ以外の時間は、街を散策したり、チベット寺院を訪れていました。チベット寺院では、運良く砂曼荼羅を作成しているところに出会うことが出来ました。以前日本でもネパールのチベットのお坊さんが砂曼荼羅を作ったのを見に行ったことがあったのですが、作っている最中のものは初めてでした。若いお坊さん達が、色の付いた砂を中心から外に向かって少しずつ落として、曼荼羅を描いていました。息の詰まりそうな長い作業により完成...

  •  0
  •  0

インド滞在記 5

No image

リトリートとして参加したティーチャートレーニング、スケジュールは以下の通りでした。6時半〜18時半までの1日10時間◆チャンティング、プラナヤーマ、メディテーション◆アサナクラス◆朝食◆座学(ヨガ哲学)◆昼食◆座学(ティーチングスキル、アーユルヴェーダ、解剖学など)◆アサナクラス日常生活から離れ、インドの山奥に寝泊まりしながら学ぶ日々は、大変充実していました。こちらでは日本人女性が既に4名、後半増えて最終的に顔...

  •  0
  •  0

旅の目的

No image

旅の目的、単にインドのヨガを知りたいというのもあったのですが、3年前ほど前に出会ったチベット瞑想の本に魅了されて、チベット文化を肌で感じてみたいと思いました。「心が安らぐ チベット瞑想入門」ラマ・クリスティー・マクナリー著 桶谷省吾訳 春秋社この旅はすでに半分の2週間を終えたのですが、すでに不思議な出会いが溢れています。チベット人の死に対する考え方も大変興味深いです。私は、この旅に出る直前、叔母を癌...

  •  0
  •  0

インド滞在記 4

No image

先にインド滞在記 3をご覧下さい。バス乗り場へ向かう道中、肝心のバスチケットを持っていないことに気づいた私たち。しかし、ここで素晴らしいインド人の連携プレーを目の当たりにしました。電話で誰かに話して話し込んでいました。私にはノープロブレムと言うのです。ついに目的地のI.S.B.Tに到着しました。ここで運転手のアムリッシュとはお別れ。その友達と二人で地下鉄の出口らしきところで誰かを待ちました。行きかうインド...

  •  0
  •  0